おもちゃの家2つ

注文通りか否かを見積書でよく確認

おもちゃの家とクローバー

注文住宅は、自由度は高めです。それが非常に魅力的なのですが、たまに情報伝達のミスが生じる事があるので、注意が必要です。そもそも注文住宅の場合は、業者に対して自分の希望を伝える事になります。問題は、住宅がその希望通りに作られるか否かです。たまに自分の希望とは違う住宅が作られてしまう事もあるので、注意を要します。イメージと全く違う建物が作られるのは、やはり困るでしょう。その問題点を回避したいならば、書類チェックが重要になってきます。そもそも注文住宅を作る流れですが、まずは業者と相談をする事になります。色々と話をした上で、見積もり書などを作成してもらうケースが一般的です。
重要なのは、その書類なのです。イメージと違うかどうかは、その書類でよく確認するのが無難です。たいていの見積もり書には、工事費用の内訳なども書かれていますし、面積や単価など詳しい情報を明示されています。書類が渡された段階でよく内容を確認すれば、たいていのトラブルは回避できるでしょう。ただし見積もり書によっては、やや専門的な用語が書かれている事もあります。不明点などは、直ちに業者に質問をして、明確にしておくのが望ましいでしょう。不明なまま工事を進めてしまうと、トラブルが発生する可能性もあるからです。

topics

中小ハウスメーカーの注文住宅

赤い屋根のおもちゃ

大手ではなく中小のハウスメーカーで注文住宅を建てる場合について書いていきます。中小のハウスメーカーは元々は地元に密着した工務店から発展進出してきて、規格住宅を建てるようになった住宅メーカーです。…

ローコスト住宅の注文住宅

通帳とおもちゃの家

限られた予算で注文住宅を建てたいときに、魅力的なのが注文住宅よりも低価格のローコスト住宅と呼ばれる住宅ですね。坪単価で見てみると30万ほどで建てられたりもするので、夢のマイホームが非常に身近に感…

注文通りか否かを見積書でよく確認

おもちゃの家とクローバー

注文住宅は、自由度は高めです。それが非常に魅力的なのですが、たまに情報伝達のミスが生じる事があるので、注意が必要です。そもそも注文住宅の場合は、業者に対して自分の希望を伝える事になります。問題は…